• 君の未来は
    ここにある。

    広い視野と特殊な技術を
    あわせ持った専門医が
    評価される時代。
    脳神経外科専門医をめざそう。

  • 君の未来は
    ここにある。

    広い視野と特殊な技術をあわせ持った
    専門医が
    評価される時代。
    脳神経外科専門医をめざそう。

脳神経外科へようこそ

「脳」、それは言うまでもなく人間が人間として在るための最も象徴的な臓器です。そして、その「脳」に唯一メスを加えることができるのが脳神経外科医です。
現在、脳神経外科領域を含む神経科学の進歩は目覚ましく、新たな治療法の開発により脳神経外科医が治療を担当する疾患は確実に増加しています。ひとりでも多くの医師がこの魅力ある脳神経外科医への道を歩んでくれることを願ってやみません。

脳神経外科とは

基本領域診療科のひとつである、
「脳神経外科」。

脳神経外科は神経系疾患について広く研究し、治療する医学、医療の一分野です。外科治療や血管内治療に限らず、手術に準じる処置、放射線治療、薬物治療、リハビリテーションも行います。患者さんにとって最も安全・確実で有効な方法を選んで治療にあたります。
医学・医療の進歩に伴い、その対象はシフトします。手術を要した疾患が、より簡単な処置で治せるようになったり、治療法がなかった疾患を治せる手術が開発されたりしています。神経系全体を視野に入れることにより、治療の範囲は次々と広がっています。

研修プログラム

人が育てる、環境が育てる……
充実した、研修プログラム。

日本脳神経外科学会は2011年より、脳血管障害(脳卒中)や脳神経外傷などの救急疾患、脳腫瘍に加え、てんかん・パーキンソン病・三叉神経痛・顔面けいれん等の機能的疾患、小児神経疾患、脊髄・脊椎・末梢神経疾患などの幅広い分野をバランスよく経験するために「研修プログラム制度」を開始しました。
2021年度現在、全国の大学病院や特定機能病院などを基幹施設とする合計94の研修プログラムがあります。脳神経外科専門医を目指す医師はこのうちいずれかのプログラムに専攻医として所属し、4年以上の研修を経て専門医認定試験を受験することができます。

脳神経外科Q&A

あなたの「?」に答えます!

先輩医師からのメッセージ

十年目の今、私の答えは
「やっぱり選んで良かった」です!

専攻医は忙しいけど充実!
脳神経外科の魅力を実感できるはずです!!

次世代の医療を創っていく
そんなことができるのは脳神経外科だけ!

脳神経外科医のフィールドは、
あらゆる場面に広がって来ています!

脳神経外科コラム

プロになるということ

私は運良く(?)脳神経外科のプロになり、約35年になります。給料をいただくということはプロですから、それに見合った仕事をする必要があります。でも、他人からあれこれ指図されて、それに従うだけでは嫌になりませんか? 残念ながら、年齢を重ねて立場が変わっても、内容は異なるけれども何らかの指図を受けるのは同じです......

神経系の総合診療医としての脳神経外科医

学生アンケートによると、脳神経外科医に対して抱くイメージの多くは「高度な手術技術」という難易度の高い手術のイメージが強いようです。しかし私が抱いている脳神経外科医のイメージは少し違います。脳神経外科医は、外科医というよりむしろ神経系の総合診療医といった方が正確な気がします。

脳神経外科の救急患者さんの多くは......

私、脳神経外科医

桜の季節が近づき、大学病院の渡り廊下に学内向け新人勧誘のポスターが並びました。様々に趣向を凝らし、それぞれの科の魅力を伝えようとしているようです。そして、私たちが今年のポスターに書き入れたのは『私、脳神経外科医』というメッセージでした。
神秘的で、文字通り中枢にあって、それ自体が美しいなと思える脳。直接脳に......