脳神経外科へ
ようこそ

  • HOME
  • 脳神経外科へようこそ

夢、チャンス、やりがい……
無限の可能性を秘めている、脳神経外科へ。

「脳」、それは言うまでもなく人間が人間として在るための最も象徴的な臓器です。その「脳」に唯一メスを加えることができるのが脳神経外科医です。
そして、外科手術のみに特化した欧米の脳神経外科とは異なり、日本の脳神経外科医は、基本領域診療科であることの特長を活かし、脳卒中や脳腫瘍、頭部外傷や脊髄脊椎疾患、小児神経疾患や機能的脳疾患などを対象に、その予防、診断から、手術、カテーテルインターベンション、放射線治療、薬物治療、理学療法などの全ての治療まで、非常に広い分野を担当する魅力ある診療科として発展してきました。
また、その治療対象は脳、脊髄、末梢神経を含むすべての神経系およびそれらに関連する骨、筋肉、血管など全身にわたります。
現在、脳神経外科領域を含む神経科学の進歩は目覚ましく、新たな治療法の開発により脳神経外科医が治療を担当する疾患は確実に増加しています。ひとりでも多くの医師がこの魅力ある脳神経外科医への道を歩んでくれることを願ってやみません。

⼀般社団法⼈ ⽇本脳神経外科学会

理事⻑宮本 享

⼀般社団法⼈ ⽇本脳神経外科学会 理事⻑

脳神経外科だからできること

多彩な⼿術ができる

脳神経外科では、一般的な外科手術に加え、顕微鏡手術や内視鏡手術、カテーテルを用いた血管内手術に放射線手術、さらには脳の位置情報、電気生理を用いた定位的脳深部刺激術など、さまざまな手術に取り組むことができ、大きなやりがいがあります。

男⼥を問わず活躍できる

脳神経外科では、男女を問わず新生児から子供、成人、高齢者まで全ての年齢層の患者さんを対象としており、男性も女性も活躍できます。 とくに最近では、女性の若手専門医の台頭も目立っています。

幅広い領域に挑戦できる

脳神経外科の対象は脳脊髄腫瘍に脳血管障害、先天奇形、外傷、脊髄脊椎疾患などとさまざまで、救急医療からリバビリ、脳ドックなどの健診まで、その領域は幅広く多種多様です。手術のほかにも研究や地域医療など、仕事のバリエーションも豊富です。